カテゴリ:女( 1 )

暗黒戦士ヒュンケル

昨日、一昨日と東京から来た友人と関西観光と楽しかった
ここまで予定が入ってるGWは初めてかもしれない
明日も19歳の女の子との約束があり充実した休暇を送っていた
今日は高校からの付き合いの友人4人と飯を食いに行った
何処もGWの影響で混み混み

やっと店に入れて一息つく、3人は生大を注文し、酒弱い1人は梅酒ソーダ割りを注文していた
溜まった話を集まってからというもの引き続き消化して行く
5分ほど待たされ生大が到着。と同時にiphone6が震える

19歳「ごめんなさい。今終わりました。」

は?
え?夜中に明日って言ったやん、明日って今日の事?確認を取らなかった俺も悪い
ちょうど待ち合わせ場所に指定していた梅田にいた事もあり、SEXチャンスと飲みを天秤にかけ、一瞬でSEXチャンスを選択した俺の顔は友人曰く、光り輝くアバンの使徒(ダイの大冒険参照)だったらしい

店を出て、待ち合わせ場所に急ぐ
到着し、ついたと送信、少し待ち電話をかけてみる
少し送れてメッセージで反応があり、待ち合わせ場所に現れる19歳。うん。可愛い。

行くはずだった店に入れるか確認の電話を入れるも1時間半待ち
何処の店も混んでいる

19歳「まいちゃんのお店行きましょうか?」

便利な友達がいるもんだ。ちょうどいい、このままグダグダになるよりも言葉に甘えよう
大阪駅を横切り、東通りでもない、北新地でもない方向を目指し始めた
梅三小路の前の信号で止まり、俺「この中?」19歳「うん」
どんどん進んでいき、ついた場所は、カウンターで飯をもらうタイプのうどん屋、サラリーマンが1人で食うような店、店自体も狭い、吉野家のうどんバージョンというのが的確か
ここで友人にメール、「うどん屋で食うっぽい」 「モチベーション下がってきてる」
隣に串カツ屋があったので、隣にしようと提案するもうどんの気分と却下。いつ脱出するか考え始める

俺「いや、明らか怒ってるやんな?」
19歳「いえ全然!ほんと、私そういうの気にしないので」


とりあえず店に入り、500円のまずかった天ざるを頼む
待たされてイライラするし、こんな店じゃ話す気にもまったくなれない
店全体が狭く静かで、盛り上げようにも俺の声だけが店の中に響き丸聞こえになる
口を開いても、天気の話レベルの会話、まったくテンションが上がらない
ビールが安かったので二杯を早く飲む
両方飯も平らげ、店を出る

俺「さすがにどっか行けへん?」
19歳「いや今日はストレートに帰ります」


そのままバイバイし、ポケットに手を突っ込み
元々いた友人に、大阪駅中央改札口付近で電話をかける、留守電
折り返し電話がかかってくる

友人A「うい」
俺「今からそっちに合流できるやんな?」
友人A「いけるで」
俺「チャオ!」


友人たちが待つホームグラウンドに帰ってくる、なんという安心感

友人A「さすがにうどん屋はあかんやろw」
友人B「行きしアバンの使徒やったのに今は序盤の暗黒戦士ヒュンケルになってるやん」
友人C「行くときの顔はグランドクロス打てそうやったで」


生大を注文しなおし、飲み
四人で銭湯へ行き、帰路についた

友人たちいわく、ヒュンケル化以降の俺は、「顔を見てるだけで面白かった」らしい
思えば10点満点中10点の評価下してたけど、よく見たら7.8点やったからまぁええわ

19歳編 完
[PR]
by zwei-zwei | 2015-05-06 00:18 |