ラブライブ 12話

ほのかが倒れたところから
他が意気消沈する中
にこ「まだ諦めたりしないわよね!ねえ!」
つっよ。逆境で強いのは評価できる。流れに持って行かれないのは格好いい。やっぱ3年やな
希「ほのかちゃんは無理や」
対し、強気なにこに押し切られず冷静な希もいい
で半泣きの絵里
c0184543_19021980.png
会長という責任感もあって落ち込んでるんやろうけど、メンタル弱そうな印象は元からあったので案の定

ほのかへの見舞いのシーン
ほのか「ことりちゃん、海未ちゃん!風邪だからプリン3個食べてもいいってー」
俺はブログで文句ばかり言ってるけど
実は何だかんだで毒のない女の子女の子してるノリに参加したいと思っているのでこのやり取りに憧れる
というかこいつらになりたいとすら思っている
しかもにこの位置じゃなくて、ことりの位置につきたい

真姫ちゃんがピアノでリラックスできる曲を弾いたとCDをくれる
もうこういうのありがたすぎるやろ。唐突な好意ってめちゃ嬉しいし、手間かかったり持続的な行動にはとことん弱い

問題はここから
絵里「ラブライブには出場しません」
ほげっ?
絵里「理事長に言われた。無理しすぎたんじゃないかって。ランキングにu'sの名前もない」
海未「私達がいけなかった」

はあああああああああああああああああああああああ!!!!
こいつらなめとんかああああああああああああああああああああああああああ!!!!
待てやおい!!!!今まで頑張ってきたのにどういう事やねん!!!!
一人が風邪で倒れただけで当事者の合意も得ずに勝手に辞退ってどういう了見じゃくそがああああああああああ!!!

海未「ほのかに無理をさせたから」
いやいやいや!!!!
それで勝手に辞めたら、ほのかは余計に「私が倒れたせいだ・・・」と塞ぎこんでしまうやんけ!!!
そこまで考えてんかこいつら!!!!ええ加減にせーよ!!!!

この辺りで萩本欽一の「山本ぉ~球団なくなっちゃったよぉ~」を思い出して萩本欽一で検索するも、他のキーワードで
「萩本欽一 偽善者」「萩本欽一 老害」「萩本欽一 つまらない」が出てきたので許すことにする
ほのか=やまもっさん
u's=萩本欽一A~Hだと思ってもらえればうっとうしさがわかると思う
以降試しにu'sメンツの台詞を萩本欽一に言わせてみる

やまもっさんの自宅にて
萩本欽一C「誰が悪いとか考えても仕方ないあれは全員の責任」
ばれっばれの綺麗事ですやん!!!
そんな事言うても、やまもっさんは責任感じるて!!
全員の責任でもないところで「これは全員の責任だから」言う、責任を分散させようとする優しさはわかるよ!?
けど当事者からすれば「うん。ありがとう。(いや明らかに俺のせいやんけ・・・)」ってなるやん!?じゃあ気使われてるのが余計に悪いな・・・ってなるやん!?
重要な決断はデモクラシーせいよ!

帰路にて
萩本欽一F「あと少しだったのにな」
そう!だからこそ、ラブライブ辞退とか誰が言い出したのか知らんけど、そこは反発して取り消すよう持っていくべきやった。言い難いのはわかるけども。
上記のやまもっさんも辞退を望んでないっていう論で押し切って、理事長に掛け合えばまだ可能性はあったはず
そこで辞退派と継続派に分かれて喧嘩になってないのも嫌。同調志向の強い女のコミュニティらしいっちゃらしいけども
c0184543_19255683.jpg
ほらな。こうなるやん。
勝手な行動は余計に追い込むことになるんやて
しかもやまもっさんがリーダーやのになんで一報入れへんねん
やまもっさんの責任とは言え、無能すぎる欽一の存在にさすがに同情してしまう

通学中にて
モブ「じゃあ辞退しちゃったんだ。学園祭でトラブルがあったらしい。順位上がってたのに勿体無いねえ」
これは圧倒的に正しい。事情があるとは言え、未成年とヤった程度で負い目感じて勝手にチーム解散は頭がおかしいとしか言いようがない
理事長が立場上、生徒咎めるのは正しい
だからと言って今まで積み上げてきたもんをすぐに辞める欽一の心情がまったく理解できん

やまもっさん「理事長はなんて?」
萩原欽一C「別に禁止つもりはない。続けていい言うてる」
は?じゃあ何で辞退しとんねん。アホちゃう

やまもっさん「でもみんなの体調を考えるとか、疲れすぎるのも良くないよね」
大人になってるけど、勢いに陰りが・・・。
これによってu's全体の熱量と勢いが弱体化してしまいのが一番怖い



萩原欽一Fってずっと長袖のピンクのセーター着てるな
リスカ跡でもあんのか、かつて病んでた言われたら納得できるけど

学校存続決定して
萩原欽一C「私達が入ってなくてもこの結果はあんまり変わってなかったと思う」
萩原欽一A「u'sは9人、それ以上でも以下でもあかんってカードが言うてるよ」
萩原欽一C「そうかな」
所詮占いやのに、謎説得力を発揮。「カードが言うてるよ」無敵すぎる

c0184543_19424197.jpg
萩原欽一H「萩原欽一Dは、アメリカに筋肉留学する事になった。」
萩原欽一D「高校卒業するまで帰ってくる事はない」
やまもっさん「なんで今まで言うてくれなかったの?(半ギレ)」
ラブライブ辞退の時もリーダーのやまもっさんに連絡なしで決まってるし
それが積み重なった結果の怒りだと思うと共感できる
普通ならモチベーション落ちて「もうリーダー辞めた方がいいんかな」と瓦解していてもおかしくない

やまもっさん「何で言ってくれなかったの?ライブがあったからって言うのもわかるよ。でも私とDとHはずっと」
萩原欽一A「Dの気持ちもわかってあげな」
やまもっさん「わからないよ!だっていなくなっちゃうんだよ。ずっと一緒だったのに」
萩原欽一D「何度も言おうとしたよ、でもやまもっさんライブやるのに夢中で、ラブライブに夢中で。ライブが終わったらすぐに言おうと思ってた。相談に乗ってもらおうと思ってた。一番に相談したかった。そんなの当たり前だよ(泣)」
わかるけども。たしかにそうやけど。言い方が卑怯すぎる。
相談に乗って欲しかったけど、言い辛かったから言えなかった。結果、上げて落とす事になってるし
悩みを気付いてくれ!言うのはわかるけど、伝えな伝わらんのに相手のエスパー能力に期待してるのが終わってます・・・。女です。淫行です。
しかもHまで、Dの味方になってるし・・・。臭いわ。

ギャルゲーや萌えアニメでありがちな悩みがあってトラブル→打開で一つになるってパターンの一つやねんけど
ラブライブは「ランキング」という勝負要素があるんやからパターンに組み込まずに、練習やら工夫で駆け上がっていくってストーリーの方が面白そう
1話からずっとやけど、仲間内の絆やらお悩み解決ばかりが焦点になっていて、「もうええって・・・」が多くなる
しかも解決する度に順調すぎるくらい順位上がっていくし
こいつらがめちゃくちゃ美少女揃いか欽一Gの作曲能力が天才なのかのどちらかになる
c0184543_19453368.jpg
やまもっさん「全部自分が悪かった」
萩本欽一C「それを言うてどうなる。誰も良い思いしない。抱え込むな。それは傲慢やぞ」
萩本欽一G「ラブライブも次があるしな」
萩本欽一F「そう今度こそ出場するんだから、落ち込んでる暇なんかない。」
やまもっさん「出場してどうするの、もう学校は存続できたんだから出たってしょうがない、無理。a-rizeみたいになれっこない」
萩本欽一F「本気で言ってんの?許さんぞ」
萩本欽一G「だめー」

Gの取って付けたような「だめー」で笑う
自責の念に囚われるのはわかるけど、全部自分が悪いと冷静さの欠片もない状態になってるのは良くない
おまえの落ち度は雨の中走りに行ったのと、Dの異変を察しすぎなかった事だけ

萩本欽一C「じゃあ山本はどうしたいの?」
やまもっさん「スクールアイドル辞めるわ」

はい。こいつら糞。完全自信喪失から結果
思えば
やまもっさん犯す→勝手にラブライブ辞退 の初動でミスってた。ここはチームメイトがアホ。一人も反発してないようやし。でやまもっさんに負い目ができる
さらに、Dが留学→なんで相談してくれないの でその負い目が確信となり、自信喪失
自信喪失してもうスクールアイドル辞めるわ

Hがやまもっさんにビンタして終わり

最終回で仲直りして良かったね。で終わるために、無理に急ぎ足で仲違いさせてるせいか「それおかしいやん!」が結構ある
展開が糞で腹立たつ。チームワークも思いやりもあったもんじゃない。一気に彼らの関係が薄っぺらく見える。よって表面上のニコニコした関係も偽りのように見える
「もーちょい、◯◯したれよ」が多すぎた

次最終回「u'sミュージックスタート」

[PR]
by zwei-zwei | 2014-08-06 19:15 | アニメ


<< ラブライブ 最終話 ラブライブ 11話 >>